2010年12月06日

12/9(木)19:00〜拡大ミーティング!

前回のミーティングでは、呼びかけ人のリストの作成・イベントの骨組みに焦点を絞って、話し合いました。

呼びかけ人については、来週のミーティングに参加いただけるよう各担当者が連絡を取るということになりました。担当者以外も、次回のミーティングに多くの方が参加していただけるよう声掛けにご協力ください。

イベントの中身については、全体の構想が浮かび上がってきました。

出演が決定しているゲストは、
嘉田知事
宮本さん
大熊さん
です。
ゲストが行政側と意見を交わすような場になれば、おもしろいのではないか!?
という視点から四国地方整備局の足立さんに現在、出演交渉中です。

当日の大まかな流れについてです。
1.映像(住民投票前から可動堰完全中止まで)
2.ゲストによるトークショー
    ○姫野さんについて
     これから姫野さんがしようとしてたこと
    ○今までとこれから
3.子どもワークショップ発表
4.歌(ゲスト・子どもも含め、全員で歌う)


子どもワークショップは、これらの動きと同時進行で別会場で行います。
タイトル:「川はぼくらの友達」
対象:小・中学生
     高校生がスタッフとして入れるような形にして、若者主体で動けるようにする
     グループを作成し、それぞれで実行していく
     (「こんな川にしたい!」発表、実際に第十堰に行く等)

尚、子どもワークの動きは、生中継で会場に流す予定です。会場も明るくなるし、子どもたちの思いが強いメッセージになればと思っています。


このように私達の意見・行政側の意見に子どもワークショップが加わることによって、過去だけにスポットを当てるのではなく、未来に向けて!というメッセージ性の強いイベントになるのではないかという話になりました。

ただ、その仕掛けを作り出す司会者を誰が務めるのかという問題点も残っているため、かなり話を詰める必要があると感じています。とても面白く希望あふれるイベントになると確信しています。


次回のミーティングのお知らせです。

日時:12日(木)19:00〜
場所:文化センター(会議室3)

次回は、今後の動きを広めるため、呼びかけ人を集めて拡大ミーティングを行います。
123イベントの主旨説明や運営メンバーへの参加呼びかけも引き続き募集したいです。
50人集めたい!という思いで、お知り合いや興味がある方にお声掛けをお願いします。
是非!お誘い合わせの上、ご参加ください!!

事務局:吉田晴香
posted by 自然スクールトエック at 16:38| Comment(0) | 11年目の123に向けて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。